リンパマッサージもリラクゼーション手段の一つで、根本改善とは言えない

皮膚上をさすったり、ゴリゴリとコリのようなものを刺激するようなリンパマッサージは、肩こりや腰痛、デトックスなどに効果的だと唄っているものも多いのですが、根本から身体を改善するものとは考えられません。

確かにリンパの流れが滞っている方も多いのですが、それを外部からの刺激で流したところで不調の原因の多くは解消されません。

肩こりに関する記事の中でも触れましたが、肩こりや腰痛の原因は姿勢や骨格の歪みが起きているところが大きく、その原因の多くは筋肉のバランスによるものだからです。

弱い筋肉と緊張の強い筋肉が存在しているがために、強い筋肉に骨が引っ張られてしまって骨格に歪みが生じます。

そしてさらに強い筋肉が引っ張っているというよりも、むしろ弱くなっている筋肉があるせいでバランスを乱していることのほうが多いので、この場合は弱い筋肉や、一時的に何らかのストレスによって弱くなってしまっている筋肉を強くしてあげるという考え方が必要なのです。

リンパマッサージによって凝っている部分をほぐしたり疲労物質を流しても、この骨格という根本が改善されなければ翌日にはまたいつも通りの身体に戻ってしまうのは当然です。

一時的な快楽を求める方には有効ですが、根本から身体を改善するものではないということは念頭においておくべきではないかと思います。