切り離してはいけないはずの治療とトレーニング

身体を整えるということは、筋肉のバランスを整えることです。

筋肉のバランスとは、筋力の強弱によるものとまずは考えてよいです。

骨格の歪みも筋肉のバランスが乱れることによって起こります。なぜなら、骨は筋肉が支えているからです。

「治療法を専門に学んできました。でもトレーニングは分からないのでトレーナーに聞いてください。」

というのは、超低レベルの治療家です。ほぼ治せないといっても過言ではありません。

なぜなら、弱い筋肉を強くすることが出来ないからです。

筋力バランスの乱れは、偏ってどこかの筋肉が強くなっていることが原因ということはアスリートでなければほぼあり得ません。

どこかが弱くなってバランスを乱していることが9割以上です。

つまり、トレーニングを指導できなくて治せるものは1割未満です。

逆に、トレーニング指導ができるということは整体もできるということです。それが分からないというのであれば、骨格の知識がないということに等しいのです。

レベルの高いトレーナー、治療家を目指すのであれば、整体とトレーニングの両方を学ぶべきです。それが当然なのです。

なのに世の中にいる整体師のほとんどがトレーニングの方法を知りません。

逆にこれはチャンスと見てよいと思います。これから整体師として生きていく決心ができている方は、トレーニングの知識も同時に学べる場所で知識を蓄えるべきです。

スタジオコア・アカデミーではここを重要視しています。難しいことなのかも知れませんが、本物の技術とはこういうものです。

参考までに・・・