お店のマニュアルで流れ作業のように進む整体は無意味

整体やリラクゼーションマッサージ、さらに接骨院などでもありがちなのが、「マニュアル」です。

特に院長先生がいて、そのやり方を弟子?の先生が受け継いでいるパターンのところや、「~療法」「~式マッサージ」のような名前の付いた施術、そしてチェーン店はたいていこれです。

しかし、どう考えてもクライアントが違った症状を訴えているにも関わらず、「マニュアル」通りに進んでいく流れ作業に納得がいきません。

「マニュアル」は自分の頭で考えてアプローチすることが出来ない人に与えられるもので、それを受けることで何かが改善するということは期待できないのは当然です。

その場でチェックして修正して、再チェックして・・・を繰り返す施術を

マニュアルや、どこからほぐしていくか、といったような低レベルな考え方は通用しません。クライアントを目の前にしたその場で、姿勢や動き、しぐさなどからその人が抱えている不調の原因をさぐらなければなりません。

原因を探り、それに対してアプローチし、改善出来たか再度チェック。

ひたすらこれを繰り返して、根本からの改善を目指すからこそ本当に効果的な整体が行えるのであり、ほぐす「順番」などは役に立ちません。

本当の技術を身につけたいなら、こういった考え方をもった先生のもとで勉強するのが第一歩ではないでしょうか。