トリガーポイントによる痛みと筋弱化

トリガーポイントとは

トリガーポイントは、端的に言ってしまえば筋肉にできたコリです。急激なストレッチがかかったり、疲労物質がたまって血流が悪くなったり、打撲の跡だったり、さまざまなストレスが筋肉にかかることによって生まれます。

トリガーポイントの特徴は、独特の痛みを発するということと、その痛みが少し離れたところまで響くように飛ぶことと、そして筋肉の力が入りにくい、筋弱化と呼ばれる状態になるということです。

改善のメインはカウンターストレインを使う

カウンターストレイン・テクニックを使うことで、トリガーポイントを改善することができます。

このカウンターストレインとは、筋肉を収縮させて緩んだポジションにおいてトリガーポイントを押圧し、痛みが緩んできたところで静かに筋肉をストレッチポジションにもっていくというテクニックです。

決してゴリゴリ、肉をミンチするように、ほぐしてはならず、それをしてしまうと筋肉に傷がついてしまって翌日の揉み返しに繋がってしまいます。

緩やかな力でカウンターストレインテクニックを用いて、トリガーポイントを改善するとよいでしょう。